福原のソープランドのような入浴タイプは海外には無い

ソープランドは日本で古くからある風俗の業種ですが、
こういったタイプって実は日本発祥なんですよ。

ソープランドはもともと大衆浴場からきているので管理も警察ではなく保健所の管轄なんです。
海外だと入浴じゃなくマッサージとかサウナが一般的なんですが、
日本は風呂の文化が発達していたので今のような状況になってるんですね。

ソープランド形式だと韓国や中国も同じトルコ風呂が起源ですけど、
入浴の文化があまりないので、マッサージ寄りのサービスになっていますね。

東南アジアやベトナムの方もマッサージが主流のようで、
入浴タイプの風俗はもはや日本だけなのかもしれません。

サービスでも海外は日本のような細かなサービスをしてくれる所はありません。
高級店であっても、サービスは日本の格安店並というのも多いそうです。

ソープランド同士の競争で日本は色々なサービスで複数のテクニックで快楽を求めるようになりましたが、
本番するだけの海外の風俗とは目的からして違ってきてるということでしょうか。

最近では外国人旅行者が増えてきて、その旅行者がソープランドを利用するということも増えてきているそうです。
そこでサービスを受けた旅行者から高い評価を受けているらしく、
今後海外でも日本式の風俗が広まるかもしれませんね。

風俗なので海外展開は難しいのかもしれませんが、国の警察とかとの問題が解決すれば、
高品質のサービスを提供できるので、風俗嬢の海外進出や風俗のシステムを海外に売り込むということもできるかもしれません。

今は和食も海外では人気ですし、日本というブランドをもってすれば、風俗だって海外進出はできるような気がしますね。