ソープランドのいろいろ~結構知らないソープの法律との関係

風俗遊びを楽しむ上で、ちょっと知っておいたほうが良いのが法律との関係。
特殊な遊びなのでしっかりとした知識はつけておいて、気兼ねなく遊びたいですね。

ソープランドは入浴がメインな性風俗ですが、日本の性風俗って昔から入浴と大きく関係しているんですね。
代表的なのが江戸時代初期~中期に流行った湯女風呂ですね。これも性風俗です。

江戸時代のお風呂には湯女というお風呂で垢すりとか髪結いをしてくれる女性がいたんです。
最初は性的なことは無かったんですが、風呂屋が増えるにつれて競争が起きて、サービスも増えてきました。
飲食と音楽流したり、最終的に売春までサービスが増えちゃったんですね。
古代ローマでも公衆浴場での売春が増えすぎて混浴禁止令が出たということからも、性風俗と入浴って相性が良かったんですね。

このような背景もあって、ソープランドは単純に性風俗ってだけじゃなく、法的な事に関しても他の風俗に比べて特殊なものになってます。
ソープランドは風適法で定められた性風俗なんですが、公衆浴場としての条件も必要となります。
そうでないと営業許可がおりません。普通の銭湯のように定期的に保健所の水質検査とか浴室の設備の検査も入ります。
2つの法律が入り混じったややこしい状態なので、実は違法だったなんて設備もあるそうですよ。

エアーマット

ソープランドの基本プレイの一つとしてエアーマットがあります。
これ実はソープランドでは違法な設備なんです。
これがあると査察が入った時に、公衆浴場法に触れて処罰の対象になるんだそうです。
コンドームも同様です。保健所の管轄であるので性的サービスはされない前提なので、性的サービスを連想させるものは置いてはいけないんですね。
まぁ風俗店として登録されているソープランドなのに、性的サービスがされないって前提で検査というのもおかしい気もしますけどね。

昔は日本の性風俗の代表だったソープですけど、年々風紀上の規制も厳しくなって、曖昧な部分や業界の自主規制もあって、存続が難しくなってその数を減らしてきています。
昔から続く伝統芸的なものもありますし、男性としては少しでも長くその歴史を続けて欲しいですね。