ソープランドとは?そしてその良さとは?

格安店なら普通の風俗店と変わらない値段で遊べるので、ソープ入門にはいいかもしれません。

まずはお風呂で綺麗に体を洗ってもらうんですが、ソープの名の通り気持ちイイー泡にまみれて女性の柔らかい肉体に揉まれるプレイは他では中々味わえません。
マット店はあるにはあるけどソープとはテクニックが違ったりしますね。

ソープは風俗の中でも結構特殊で、色々なプレイなんかがありますね。
基本的に女性はおもてなししてくれます。

高級店と大衆店とがある

福原では多くのソープランドが営業しているんですが、お店によって値段も色々あります。
高級店だと五万、大衆店だと二万かかります。
その他は二万以下の格安店ですね。

本当に風俗で女性を楽しみ尽くすならソープランドでのプレイは外せないでしょう。
格安店なら値段も手頃なので一回体験してみてはいかがでしょうか。
レベルが高い女性が在籍しているお店も数多くあります。

日本でも有名なソープランド街「福原」

お店は豊富ですので、福原を訪れた際は寄ってみてはいかがでしょうか。
自分の好みに合った女性を探す時は、直接ネットでお店のオフィシャルサイトを確認すると便利です。

指名する場合は、どのような女性が在籍しているかを、あらかじめ知っておく方がよいでしょう。
また、容姿だけでなく、どんなプレイが持っているのかもホームページなどでチェックしましょう。

店のカラーによっても好みが違いますが、イベントやオプションなども目を向けて、より楽しめる店舗を探し出しましょう。

■オススメのお店

本格セクハライメージプレイができるソープランドです。
美人秘書と社長室で淫らな行為を・・・そんな妄想をリアルに当店で叶えてみませんか?

福原ソープ 社長秘書
福原ソープなら社長秘書

福原ソープで働くソープ嬢の苦労など

ソープで働く女性の多くは、そこでの収入と苦労を忘れられず生きているそうです。
キャバクラなどに多いそうですが、男性客を手球にとり、高いお酒を注文させ、誕生日には盛大に祝ってもらい、売上を上げる。

そんな高収入なんかは普通の仕事ではありえないですよね。
普通の仕事だと、契約取ってきました!といっても、よくやったねご苦労さんと一言言われる位でしょうか。

ちやほやされて、高額を稼げる。高額を稼げると遊びも生活も派手になりますね。
一度その味を知ってしまうと、雀の涙ほどの額しか稼げない普通の仕事は、やっていても面白みも感じられないのではないでしょうか。

そういった夜の仕事で大金を稼いで、派手に遊ぶというとどんな遊びをしているでしょうかね。
しがないサラリーマンの私には想像もできません。

テレビとかで見るとホストクラブに入り浸ったり、高級クラブや料亭に行ったり、夜のお店しか思い浮かばないですね。
貧相な想像力で申し訳ない。

私の贅沢は月に一回風俗店へ行くことですかね。
後は普段行かないちょっと単価高めの居酒屋に行くぐらいですわ。

風俗も高級店には行ったことがないですし、一度でいいから時間を気にせず、120分コースとかで高級ホテヘルとか行ってみたいですねぇ。

私が良く行く福原では土地柄なのか金銭面もしっかりとしたソープ嬢が多いようですw

まぁ、キャバ嬢の派手な金遣いとは程遠いですが、私も高級風俗店なんかに一度でも行ってしまうと、低価格が売りの大衆店では満足できなくなるかもしれませんね。

人間の欲とは底なしなので、女も男も関係なく、溺れないようにしたいですね。

福原のソープランドのような入浴タイプは海外には無い

ソープランドは日本で古くからある風俗の業種ですが、
こういったタイプって実は日本発祥なんですよ。

ソープランドはもともと大衆浴場からきているので管理も警察ではなく保健所の管轄なんです。
海外だと入浴じゃなくマッサージとかサウナが一般的なんですが、
日本は風呂の文化が発達していたので今のような状況になってるんですね。

ソープランド形式だと韓国や中国も同じトルコ風呂が起源ですけど、
入浴の文化があまりないので、マッサージ寄りのサービスになっていますね。

東南アジアやベトナムの方もマッサージが主流のようで、
入浴タイプの風俗はもはや日本だけなのかもしれません。

サービスでも海外は日本のような細かなサービスをしてくれる所はありません。
高級店であっても、サービスは日本の格安店並というのも多いそうです。

ソープランド同士の競争で日本は色々なサービスで複数のテクニックで快楽を求めるようになりましたが、
本番するだけの海外の風俗とは目的からして違ってきてるということでしょうか。

最近では外国人旅行者が増えてきて、その旅行者がソープランドを利用するということも増えてきているそうです。
そこでサービスを受けた旅行者から高い評価を受けているらしく、
今後海外でも日本式の風俗が広まるかもしれませんね。

風俗なので海外展開は難しいのかもしれませんが、国の警察とかとの問題が解決すれば、
高品質のサービスを提供できるので、風俗嬢の海外進出や風俗のシステムを海外に売り込むということもできるかもしれません。

今は和食も海外では人気ですし、日本というブランドをもってすれば、風俗だって海外進出はできるような気がしますね。

ソープランドのいろいろ~結構知らないソープの法律との関係

風俗遊びを楽しむ上で、ちょっと知っておいたほうが良いのが法律との関係。
特殊な遊びなのでしっかりとした知識はつけておいて、気兼ねなく遊びたいですね。

ソープランドは入浴がメインな性風俗ですが、日本の性風俗って昔から入浴と大きく関係しているんですね。
代表的なのが江戸時代初期~中期に流行った湯女風呂ですね。これも性風俗です。

江戸時代のお風呂には湯女というお風呂で垢すりとか髪結いをしてくれる女性がいたんです。
最初は性的なことは無かったんですが、風呂屋が増えるにつれて競争が起きて、サービスも増えてきました。
飲食と音楽流したり、最終的に売春までサービスが増えちゃったんですね。
古代ローマでも公衆浴場での売春が増えすぎて混浴禁止令が出たということからも、性風俗と入浴って相性が良かったんですね。

このような背景もあって、ソープランドは単純に性風俗ってだけじゃなく、法的な事に関しても他の風俗に比べて特殊なものになってます。
ソープランドは風適法で定められた性風俗なんですが、公衆浴場としての条件も必要となります。
そうでないと営業許可がおりません。普通の銭湯のように定期的に保健所の水質検査とか浴室の設備の検査も入ります。
2つの法律が入り混じったややこしい状態なので、実は違法だったなんて設備もあるそうですよ。

エアーマット

ソープランドの基本プレイの一つとしてエアーマットがあります。
これ実はソープランドでは違法な設備なんです。
これがあると査察が入った時に、公衆浴場法に触れて処罰の対象になるんだそうです。
コンドームも同様です。保健所の管轄であるので性的サービスはされない前提なので、性的サービスを連想させるものは置いてはいけないんですね。
まぁ風俗店として登録されているソープランドなのに、性的サービスがされないって前提で検査というのもおかしい気もしますけどね。

昔は日本の性風俗の代表だったソープですけど、年々風紀上の規制も厳しくなって、曖昧な部分や業界の自主規制もあって、存続が難しくなってその数を減らしてきています。
昔から続く伝統芸的なものもありますし、男性としては少しでも長くその歴史を続けて欲しいですね。

ちょっと気になる風俗の性感染症

ソープランドだけでなく風俗遊びをする人全員が気にしておきたいのが性病の感染です。
風俗にかかわると利用する側も提供する側も必ず関係してきます。
しかしどんなに気をつけても感染の可能性はあります。

ソープランドでの性病感染の可能性は実は低くて、気にしすぎるのはよくないです。
月に1回とか2回ぐらいの利用であればまず安心でしょう。
でも遊び方によるので、利用回数が少なくても頭の片隅には性病の事を入れておいてください。

完全に性病にならない方法は風俗を利用してたら無いんですが、限りな感染率を低くすることはできます。
ソープであればゴムを使わない店に行かなければ良いんです。
性病になるのは粘膜の接触からというのが一番の多いので、基本ゴムをしていれば感染しません。
高級店であっても病気予防のためにゴム無しのサービスはやめている所もあります。
客からするとサービスが悪くなったと考えるか、病気感染に意識していて良い店だと思うかはモラル次第ですね。

後は格安店なんかのお客の回転数で稼ぐお店は利用しないというのも予防になります。
性病は人から人へ移りますし、潜伏期間があるので性病になっていることに気付かずに接客を続けて、感染者を増やしている場合もあります。
月一で検査していても、かかっていたと気づいた時にはもうばらまかれているんです。

感染リスクを減らすなら客の絶対数の少ない高級店の方が安全です。
お客のモラルも高いですし、感染した女性がお客に移す事も殆どありません。

風俗で蔓延している性病は、淋病、クラミジア、ヘルペス、エイズ、梅毒なんかがあります。
一時期梅毒は数がかなり減ったんですが、最近の外国からの旅行者が増えて、その人達が風俗を利用するようになり、また梅毒が増えてきているそうです。

昔は風俗店は外国人のお客様を断っていましたが、不景気なので徐々に外国人も受け付けるようになっています。
ですので感染率は高くなってきているので、風俗で働く女性だけでなく、お客も定期的に検査を受けておいたほうが良いと思います。